新横浜ラーメン博物館

神奈川県横浜市で賃貸物件といって連想するものの中には、横浜中華街があるでしょう。この周辺にも、賃貸物件が、たくさんありますが、それはともかく、中華街と言えば、ラーメンです。と言う訳で、横浜市のラーメンのイベントを見てみましょう。

世界初のフードアミューズメントパーク、「新横浜ラーメン博物館(略してラー博)」というものがあります。この建物は、賃貸物件を探す時の目印になるようです。ちなみにラー博は、賃貸ではないようですが。

まぁ、それはいいとして、館長は岩岡洋志さんという方です。彼は、この街で育ちました。住まいは、社長なので、賃貸ではないと思います。でも、会社でビルをいくつも所有しているのに、自分は賃貸という社長もいましたが。

さて、ラー博の開始は1991年です。発端は、新横浜が、当時新興ビジネス街として、賃貸物件にも人が集まり、発展し始めていましたので、岩岡氏は、街を活性化したいと思いました。

実は新横浜は、平日以外はほとんど無人となっていたので、どうしたら賃貸入居者も集まり、活気溢れ、魅力ある街になるかを常に考えていました。

そこで、現在ラー博の建っている土地の活用プランのアイデアとして提案したのが、「新横浜ラーメン博物館」だったのです。土地活用と言えば、アパートマンキョンの賃貸経営を考えがちですが、そこが大きく異なります。

こうしてできたラー博では、イベントも開催されているので、土着の人だけでなく、賃貸入居者にも嬉しいものになっています。横浜市の賃貸物件を考えるなら、ここもおすすめです。